top of page
検索
  • ウクライナ相撲連盟JAPAN事務所

関係者が見守る中3か月ぶりの稽古を再開

更新日:2022年7月20日

ウクライナ相撲チームは合宿地大分県宇佐市総合運動場相撲場で待望の初稽古、同じ場所で午後から開催される高校大分県大会の関係者も興味深そうに見学していました。初日の稽古には多くのメディアが集まり、選手は囲み取材で土の土俵で練習できることへの喜びを語りました。



昨日の歓迎セレモニーで是永市長から贈呈された記念品の数々は、不世出の大横綱双葉山バッグ大小2種&マスク、全国八幡宮の総本社宇佐神宮の心願御守護御守と縁起物ひょうたんであります。これで合宿中の無事と来るワールドゲームズ必勝は万全でしょう。


ニュース一覧

大分合同新聞【相撲ウクライナ代表、土俵稽古スタート】 
スポニチ【相撲ウクライナ代表 国際大会前に大分・宇佐市の双葉山生誕地で合宿】 
読売新聞【ウクライナ代表が相撲稽古 宇佐で合宿、国際大会へ汗流す「土俵で練習、ありがたい」】 



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示
記事: Blog2 Post
bottom of page